SPECIAL

TOP > SPECIAL
ADULT GOODS

膣内リラクゼーションのすすめ
~バスタイムやお休み前に、膣をやさしく目ざめさせる~


セックスに積極的になれない日のために

パートナー

かつては「セックスに変わったアクセントを」と、男性が買ってくるものだったバイブレーター。医療用素材が使われ、人間工学にもとづいてデザインされた現代のバイブレーターは、女性が自分に合ったものを選べるセルフケアグッズとして定着してきたようです。
従来のイメージとしては、「パートナーと使うか、オナニーに使うか」のどちらかだったバイブですが、ただエクスタシーに達すればいいのなら、ローターか電動マッサージ器(いわゆる電マ)でクリトリスを刺激すれば、短時間でかなえられますよね。
バイブはむしろ、時間をかけてゆっくりと膣内をリラックスさせる効果を持っています。バイブの目的はエクスタシーだけ、とはかぎらないのです。
バイブのよさがほんとうにわかるのは、たとえば「セックスに積極的になれないとき」です。女性が「今はそんな気分になれなくて……」と思うのは、どんなときでしょうか?

パートナーがいないとき……
性体験をはじめてから、数年のあいだ……
ずっとセックスしていなくて、久しぶりにパートナーを得たとき……
排卵周期の中で、意欲が高まらない期間……
パートナーの性器が大きく、挿入すると痛くて困っている……
妊娠中もしくは妊娠している可能性があるとき……
産後や婦人科系の手術後、セックスを再開するとき……
更年期以降で性器の乾燥に悩んでいるとき……
精神的または肉体的に疲労が続いているとき……

そんなときでもクリトリス刺激によるオーガズムは得られると思いますが、それだけでは骨盤底筋群はあまり活発に動きません。これが問題で、さいきんでは更年期どころか20代の若い女性でも『膣萎縮』を起こすことがある*1、と話題になっています。
何ともおそろしい話ですが、これはほんの少し膣ケアをすることで防げます。
萎縮しない「元気な膣」は、膣そのものと膣のまわりの筋肉が柔軟で、神経の伝達にすぐ反応して動きます。骨盤底筋群体操やスクワットなどで、膣まわりの筋肉を運動させている人は多くなってきました。同時に、膣の内部も活性化することが必要です。
そうは言っても、挿入に積極的になれない時期がつづくと膣は緊張ぎみで、ペニスや指を痛いと感じるものです。身体にやさしいOVOを使って、まずは膣をリラックスさせることからはじめてみましょう。
*1 参考文献 『潤うからだ』森田敦子(ワニブックス/2017年)

バイブが苦手な女性にも

バイブ

膣のリラクゼーションには、どんなバイブがいいでしょうか。長い時間をかけて、ゆっくり膣をリラックスさせるために、
「バイブとしては細めで短めのもの」
「振動は強すぎないほうがいいけれど、繊細な動きのちがいが感じられるもの」
をOVO広報部に探してもらい、3つのスマートバイブ<F12F13F14>が候補になりました。その中で「膣内に長く入れているためには、軽量で、先端が柔らかくつくられているのがベスト」と選んだのが「OVO F14」なのです。ボディの先端はしっかりと弾力もあり指でつぶせる硬さで子宮口にあたっても痛くなさそう。
ファーストバイブとしても最適ですね。

重さは86グラムで、単4のアルカリ電池1本を入れても100グラムを超えないため、入れたまま横になって、手放しで刺激し続けることができます。
バイブと聞くと、「握りしめてガシガシ出し入れする」イメージを持っている人も少なくないと思うのですが、このバイブはその真逆でリラクゼーション向けです。
バイブがきらいな人は、入れたときの「膣がおなかいっぱいで苦しい感じ」や「ドガガガ……と掘削工事されているような衝撃」が苦手だったりします。
苦しさの原因は、重さや大きさが合っていないからなのです。軽量コンパクトなバイブは膣のカーブに引っかかる(当たる)ことがなく、やさしくおさまります。

スイッチを入れ、目を閉じて横になっていると、柔らかな指さきでやさしく手マンされているように、だんだん膣がウズウズしてくるでしょう。久しぶりにエッチしたいなあ……と、そんな気持ちにもなってきます。
膣トレボールがわりに寝る前にしばらく入れておく、という使い方にも向いています。F14を入れたまま指でクリトリスをさわってオルガズムを得ると、膣まわりの筋肉のトレーニングになるでしょう。

彼の指のようなリズムで翻弄されてみる

指使い

これまで私はバイブレーターの振動の種類に無関心でした。スイッチなんてONとOFFと強と弱があればいい、とまで思っていました。
OVOの振動パターンは強弱×3種類とリズム×4種類、これまでは強弱しか使っておらず、今回はじめてリズム4種類を試してみたのです。かんたんに言うと、強弱は同じ強さの振動が間断なくつづきます。リズムは一瞬とぎれてまたスイッチが入るもので、その間隔ちがいが4パターンあるわけです。

今回、はじめてリズムをすべてためしてみて、たったひとつだけ途切れないリズムパターンがあることを知りました。これはOVO以前には体験したことのない刺激。楽譜でいうならクレシェンド《だんだん強く》とデクレシェンド《だんだん弱く》を繰り返します。
強くなったと思うと弱くなり、止まってしまうのかと思うとゆるやかに強くなっていく……恋人の指に翻弄されているような錯覚におちいってしまいます! 
この波のようなリズムにすっかり夢中になってしまいました。スイッチを入れてから、切り替えると弱から強へ順に変わり、その次がこの「翻弄スイッチ」です。ぜひためしてみてください。

バスタイムに、デートの前に

F14

この後も切り替えていくと3パターンのリズムがありますが、これはこれで使い方があることを発見しました。
オナニーのときに最初に乳首にさわる女性は多いと思いますが、リズムパターンにしたF14で乳首にタッチしてみてください。自分の指だと刺激が想定内なので、興奮は今ひとつだと思いますが、OVOのリズムでツンツンされるとスゴイ! 思わず吐息がもれてしまいます。

ベッドタイムだけでなく、パートナーに逢いにいく前のバスタイムにF14を使うのもおすすめです。F12、F13、F14はついに生活防水から完全防水になりました。
F14を入れ、膣内をリラックスさせながらバスタイムを過ごしていると、自然に意欲が高まり、パートナーに逢うのが待ち遠しくなってきます。膣まわりの血行がよくなりますから感じやすくなり、締めつけ力アップも期待できます。
仕事などでストレスが多いとき、膣内リラクゼーションで気分も身体も切り替えて出かければ、いつもよりセクシーなデートになるでしょう。

F14は単4乾電池×1ですが、F12、F13は2個になります。それだけパワーが強くなりますから、膣内リラクゼーションだけでなく、確実なオーガズムがほしいときに向いていると思います。
F12はF14と同じく先端が柔らかく、ゆるやかにGスポットめがけて湾曲しているので、Gスポットを開発したい女性にピッタリです。
F13は先端までしっかりと硬く、また手にもちやすい角度がついていますので、激しめにピストンしたい人に喜ばれそうです。

グッズ使用後はお手入れを忘れずに、特別な日だけでなくいつもOVOを身近に置いて、膣内リラクゼーションと活性化のために役立ててもらえたらうれしいです。どんなシーンで使うかを想像しながら、楽しくOVOを選んでくださいね。

グッズのお手入れ方法はこちら